Fotografia "Cosi Fan Tutte"
その1
そろそろお稽古も本格的になってきました…。







こちらはドン・アルフォンソ役の安川(バス川)佳秀さん。え〜お声のバリトンです☆一応風邪引きさんは現場ではマスク着用。。。
この方は見た目と違って(?)ホントに面白い方なのですが、ご自分で「俺ってジャ○ンのマークに似てるやろ?」から始まったジャパ○話は稽古後に行ったバーミ○ンでみんな爆笑!さぞうるさかったことでしょう…周りのお客様、すみませんでした。
オペラではこのドン・アルフォンソという人は大変重要な役割をもっています。だってこの人が「女なんてみんな浮気するものだ!」なんて言い出さなければ2組の恋人達はこんなに辛い思いをすることも無かっただろうに…(-_-;)まあでもそれじゃあオペラにならないんですけどね(笑)。デスピーナとドン・アルフォンソに散々振り回されるフィオルディリージとしては、なかなかいつも終幕近くになるとこの役には複雑な感情を持ってしまうのですが、今回は安川さんご自身が憎めないキャラクターなので苦笑いして許してしまいそう(^_^;)






先ほどの安川さんの後ろにいらっしゃるのがバリトンの西尾岳史さんです☆今回はグリエルモ役ですが、なっちぃは学生選抜のドン・アルフォンソをされていたのがかなり印象的でした。なっちぃの勝手なイメージですが「男前声」(笑)の方です。
グリエルモ役はフィオルディリージの本当の恋人役なわけですが、実はこのオペラ、本当の恋人同士のカップルが絡むところは結構少ないのです(笑)。
先に友人の恋人を口説き落として、でも自分の彼女は他の男になびかなかったので少し有頂天になる彼が、自分の彼女の裏切りを知った時の落差が面白いので、皆様お楽しみに(笑)。




こちらはデスピーナ役の並木円お姉さま。なっちぃの院の先輩です。この方の演じるデスピーナという役はとにかく面白い!アルフォンソからお小遣いがもらえるというので、自分が使えている姉妹に対して浮気をけしかけるというすごいキャラクター(笑)。おまけにお医者さまに化けて死にかけの人を生き返らせたり、公証人にばけて結婚式を取り仕切ってみたり、とまさにドッキリの仕掛け人のようなこの役、なっちぃもいつか演じてみたいな〜(笑)。
あ、並木さんご自身はとってもキュートなお嬢様ですので、誤解なされないようにお願いいたします(笑)。


写真館トップへ          練習風景その2へ