Profilo  

Soprano   納谷 知佐  《Naya Chisa》







1976年8月8日生まれ。帝塚山学院高等学校音楽コースを経て大阪音楽大学声楽専攻卒業。
同大学第4回新人演奏会に出演。同大学大学院オペラ研究室修了。
第53回全日本学生音楽コンクール大阪大会第2位。
第5回KOBE国際学生音楽コンクールにて審査委員長賞受賞。
第21回飯塚新人音楽コンクール入選。
在学中、選抜学生オペラ“コジ・ファン・トゥッテ”にフィオルディリージ、“フィガロの結婚”に伯爵夫人で出演。
また選抜学生によるジョイントコンサート“ザ・カレッジ・コンサート”に出演。
堺市新人演奏会・泉の森フレッシュコンサート等に出演。
オペラは大学院在学中、川西市民オペラ“満仲”ゆり役にてデビュー。
その後文化庁新人育成オペラ公演“フィガロの結婚”伯爵夫人をはじめ“ドン・ジョヴァンニ”ドンナ・アンナ、
“コジ・ファン・トゥッテ”フィオルディリージ、“ラ・ボエーム”ムゼッタ、“蝶々夫人”ケイト、
“イドメネオ”(演奏会形式)エレットラ、“椿姫”(演奏会形式)ヴィオレッタ等で出演。
2004年、ファーストリサイタルを開催、“リゴレット”ジルダを歌う。
またマーラー“交響曲第4番”のソプラノソリストでブラショフ・フィルハーモニー交響楽団(ルーマニア)と共演、
その他ベートーヴェン“第9”、フォーレ“レクイエム”、モーツアルト“大ミサ曲”等のソリストもつとめる。
芝田眞理、若本明志、嶺貞子、林誠、Katia Lorovaの各氏に師事。





演奏記録へ